2020年度1学期の成績報告!

2020年度1学期の成績報告になります!

1学期の成績報告が2学期始まってからとなってしまいました。
いくら夏休みが短いからとは言え・・・
いくら夏休み入ってから成績が渡されるからとは言え・・・
改善しないといけないですね。

「先生、私の成績を見てください!」
「もっと良くなるためにはどうしたらいいと思いますか!?」
そんな事を生徒様が考えて「成績を早く持っていきたい」と思ってもらわなければいけません。
一人でも集まらなければ集計できません。
全員にそう思ってもらえるよう、頑張ります。

2019年度1学期の成績報告

今回は入塾前に頂いた成績から、1学期に出た偏差値や5段階評価の成績とで比較しました。

評価種別国語社会数学理科英語5科計
定期試験-2.2+6.0+14.1+6.2+2.2+6.9
内申点±0+0.7+0.7+0.6±0+2.0

細かく見ていきたいと思います。

定期試験

国語の対策はメインでは無いところもあって-2.2と下降してしまいました。
ただ、こちらについては基本的には現状の授業スタイルを維持していきます。

社会と理科はそれぞれ+6.0、+6.2とまずまずの上昇です!
定期試験に向けて試験範囲内の対策教材を自作したものが多く出題されたことは1つの要因かもしれません。
ただ、理科については化学範囲が主な出題範囲でした。
この単元は理解も必要な単元になりますので、生徒様が頑張って理解しようと質問してくれてたことが結果に現れたのかなと思います。

英語は+2.2とやや伸び悩んでいますね。
英語はとにかく単語力の不足が大きな要因になっているよう思います。
口には出せても、書けないという・・・。
英単語の教材を作成し、対策としていきたいと思います。

数学は+14.1です!
もちろんまだまだ上を目指していきますが、同じ人とは思えないくらい上がっていますね。
約一年間頑張って計算問題の質を向上させてきた生徒様にとって、大幅上昇は当然という状況でした。
この後も継続できるかですね。

総合で+6.9の偏差値上昇です。
45だった方は51.9に、52だった方は58.9という具合です。
平均なので+6.9に±5したような、52が54となった方や、52が64になった方もいるかもしれません。
どう捉えるかは見る人次第ではあります。

内申点

国語と英語が現状維持、他科目は0.6~0.7上昇、平均で+2.0という結果でした。

平均して総合で+2.0というのもすごい結果だと思いますがいかがでしょうか・・・?

平均の値であるという事については偏差値でも触れましたが、内申点でも考え方は同じです。
「国/社/数/理/英」で「3/4/3/3/4」のような方が「4/4/4/3/4」みたいな状況ですね。
平均なので、+2.0に±1したような「4/4/4/4/4」になる人や、「3/3/4/3/3」のように下がってしまった人もいるかもしれません。
ただ、平均的には順調に成績が上がってきているようです。

数学と英語

当塾の「売り」は数学と英語です。
これらはずっと力を入れてきている二科目です。
数学は良い結果になっていますので、少し英語の方の改善に力を割こうと思っています。
※+14.1って40が54.1、45が59.1、50が64.1、ですからね・・・!?

英語はどちらかと言えば文法に力を入れてきました。
文法が分かれば、単語さえ覚えれば「簡単に」正解できるようになるからです。

文法の理解は完ぺきとは言いませんが、学年に応じた理解ができているように思います。
しかし、どうしても単語の部分で失点しているように見えます。
そこで先の通り、英単語対策をしないといけないと思っています。
これは文法の理解がまずは良くなっているという点で、悪いだけの話ではないでしょう。

終わりに

成績向上はすべて生徒様が頑張った結果です。
「頑張れば頑張っただけ成績が上がる塾」です。

頑張らないと・・・?
「頑張らなくても成績が上がる塾」・・・これは私の目指すところでは無いですね。
「頑張れないからやらせる塾」でも無いですね。

「頑張れなくても、頑張れるまで必死に応援する塾」にはなりたいと思っています。

成績上げたい方、頑張りたい方、伸び悩んでいる方、是非ご連絡ください!
頑張ったけど思ったように成績が上がらない方、たぶんお役に立てると思います!

タイトルとURLをコピーしました